FC2ブログ

何がなんだかさっぱりわかりません

3DCGに悪戦苦闘中。最近物忘れが激しいのでブログを始めます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく

ゴッホ見よう見ようと思っててなかなか行けなかった「没後120年 ゴッホ展-こうして私はゴッホになった- 」一昨日行って来ました。
今回の展示は、ゴッホの作品だけでなく、同時代に活躍したミレーやゴーギャンやスーラ、そしてゴッホが影響を受けた作品や勉強に使った資料などを絡めて展示してあり、面白かったです。
ただ、そんな展示なので、ちょっと分かりづらくもあり、見始めて一部屋過ぎたあたりで「これは音声ガイド借りたほうがいいかな?」と思い、入り口へUターン。
音声ガイドの声はTBS協賛ということもあり、安住アナ。安住アナ好きなんで、それもあり借りたのですが、ガイドの内容はあまり濃くなく、「あぁ、これだったら借りなくても良かったかなぁ」という感想。声は良かったけどね。
んで、見終わった感想ですが、今まで持っていたゴッホのイメージがかなり変わりましたね。
ゴッホはよく「天才」だの「狂気」だの、そちらのほうにスポットが当たりがちですが、時代に沿って見て行くと「ひたすら夢を見てあがいている努力家」といった感じ。
そして、厚塗りのイメージがありますが、決してそれだけではなく、薄塗りの作品も多くあり、また、素描も数多あり。
若き日の比較的穏やかな作品が数多くあったためか、中盤過ぎサン・レミの精神病院に入院する前後の作品は痛々しく感じました。そして、退院直前からオーヴェル・シュル・オワーズ時代の作品はすばらしかったです。
あぁ、もっと長く生きていれば‥‥と思わずにはいられません。
有名な「アルルの寝室」も展示してあり、そのアルルの寝室を再現したコーナーもあり。
今まで、この絵、「あれ?パース狂ってない?」と思ってたのですが、再現された部屋を見てみると、部屋形が台形だったのですね~‥‥。納得。
同時代の作家の作品として、スーラとロートレックの絵もあり、両方好きなので得した気分!
見に行って良かったです。ふぅ~眼福。ごちそうさまでした。
ゴッホ展、東京は明日(月曜日)が最終日ですが、これから福岡と名古屋を巡回します。オススメっす。

あ、それから、話変わるけどiPodTouch買っちゃった。
101219_02.jpgま、自分へのクリスマスプレゼントってことで。iPhoneとiPodTouchと悩んだんですけどね、ファミ割り入ってるから今のキャリアは維持したいしで、iPhone買うとなると二台持ちになっちゃうから、それだとちょっとお金かかるしねぇ‥‥。
これを機会に自宅に無線LANも導入。ただいま設定に悪戦苦闘中。‥‥こういうのほんっと弱いんですわ。
そして昨日はTwitterのCG集まりで今年最後(だろうと思われる)の飲み。今年はTwitterのおかげでCGの知り合い増えました。ありがたやありがたや。

テーマ:日記・日誌 - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gurukun237.blog46.fc2.com/tb.php/371-780d03d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。